southernkashiwa
柏南部
nature
自然

手賀の丘公園でデイキャンプ&アスレチック

某市役所職員兼小1年少姉妹のママ(R3.4.1現在)

プロフィール詳細

柏で今、ひそかに人気なのが、アウトドア体験!そこで今回は、手賀の丘公園内にあるRECAMPしょうなんでデイキャンプ!BBQやアスレチック、自然散策の楽しみ方をご紹介します♪

からスタート
Morning Start
からスタート
Afternoon Start
夕方からスタート
Evening Start
からスタート
Night Start
からスタート
Night Start
Start
1
10:00

手賀の丘公園内にある「RECAMPしょうなん」でデイキャンプ♪

手賀の丘公園に到着!デイキャンプスタート!
第1駐車場から横断歩道を渡ると、正面に管理棟のどんぐりの家があります。ディキャンプの手続きへ!

どんぐりの家の中は、広々として木のぬくもりが感じられる、とってもステキな空間です!中はエアコンが効いていて快適~

受付で今日利用する区画の案内表を受け取り、いざデイキャンプサイトへ!

 デイキャンプエリアはどんぐりの家の目の前です!

本日利用するサイトに到着!早速タープを設営します。

RECAMPしょうなんでは、タープやサンシェードなど、デイキャンプに必要なものはほとんどレンタルすることができます!わが家もレンタルを考えていたのですが、某通販サイトのタイムセールで、手ごろに購入することができ、今回は購入したものを持参しました。

無事にタープを設営することができました!お手伝いをした長女は自分で建てたタープに感動して、飛び跳ねて喜んでいました♪

タープを設営している間、次女は何をしていたかというと、シャボン玉です!

デイキャンプエリアには、通常のサイトの他に、この写真にあるようなピクニックテーブル付きのサイトがあります。キャンプ初心者の我が家は、テーブルやチェアを用意する必要のない、ピクニックテーブル付きのサイトを利用することにしました。

デイキャンプで必要なものといえばグリル台。わが家はレンタルを検討していたのですが、下見に行った際に、どんぐりの家の2階にあるユーズドアウトドア用品ショップで、スタッフの方にいろいろと教えていただき、初心者でも使いやすそうでお手頃なグリル台を購入しました!

こちらがどんぐりの家の2階にあるユーズドアウトドア商品ショップ「UZD」です。価格がついている札が色ごとに設定されているのでとてもわかりやすく、品ぞろえも豊富!ぜひ覗いてみてくださいね!

火起こしアイテムや調理器具などは、100円ショップで揃えました。最近は100円ショップにキャンプ用品コーナーが設けられていてアイテムがとても充実しているので、キャンプ初心者は要チェックです!

火起こしをしている間に、子どもたちと一緒に野菜を洗いに行きます。このおしゃれなトレーラーハウスが水場になっています。水場の他に、ごみ置き場や炭置き場などもトレーラーハウスの中にあります。

トレーラーの中のシンクは広くてとってもきれい!子どもでも比較的使いやすい高さでした~

水場へ行く途中に、オスのカブトムシを発見!子どもたちの注目の的でした。このあと、メスのカブトムシやトンボも見つけて大興奮!

暑い日だったので、お互い水鉄砲でクールタイム♪気持ちよさそう!

子どもたちが「お腹が空いた~!」というので、さっそく調理開始!持参したおにぎりを焼いて、焼きおにぎりに!小さな鍋で、収穫体験でとった枝豆を茹でます。

収穫体験でお土産としていただいたキュウリを塩だれで簡単ピクルスに!暑い日に、外でいただく新鮮なキュウリ、とってもおいしかったです!

今度はお肉を焼きます!ピーマンとナスは網の上でカットせずにそのまま丸焼きに!この調理法は、某BBQ芸人さんが、柏の葉T-SITEのイベントで紹介されていた技!カットせずにそのまま焼いた方が、野菜の水分が逃げずにジューシーに焼きあがるそうです!

丸のまま焼いてカットしたピーマンとなす。とってもみずみずしくて、普段あまりピーマンとなすを好んで食べない子どもたちも、「おいしい~!」とパクパク食べていました~

焼いたピーマンやなすに、ひまわり油をかけて、お塩をパラパラッ!とってもおいしかったです♪
ひまわり油については、前回の記事をご覧ください(まち旅 枝豆収穫体験&道の駅しょうなんコース)。
ひまわり油はどんぐりの家でも販売していましたので、ぜひ試してみてね!

お肉や焼きそばを、お腹いっぱいおいしくいただきました~
収穫した新鮮な枝豆は、とってもおいしくて、子どもたちが夢中になって食べていました♪

BBQの締めは焼きマシュマロ。焼くとこんな感じでこんがり!食べると中が少し溶けてトローリ!わが家はマシュマロを持参しましたが、どんぐりの家では、カラフルで大きなマシュマロを販売しているので、気軽に焼きマシュマロが楽しめますね♪

2
13:00

手賀の丘公園内のアスレチックへ

お腹いっぱいになった後は、アスレチックで思いっきりカラダを動かして遊びます!小さなお子さんは、アスレチックコースに沿って、自然の中をお散歩するだけでも、とても気持ちがいいですよ。

BBQでエネルギーをチャージしたあとは、アスレチックへ出発進行!

1番~15番までのアスレチックをぐるっとまわります。

アスレチックは背の高い木々が覆い茂る森の中にあります!森の中を探検しながら、進んでいきます♪

森を抜けた先は芝生の広場!とても暑い日だったので日陰で過ごす人が多く、広場で遊んでいる人はほとんどいませんでした。普段はポップアップテントやレジャーシートを広げて、ボール遊びなどを楽しんでいる親子が多いです。

芝生の広場には、こんなカブトムシのモニュメントがあります!

みんなが大好きなこの遊具は、『ムササビグライダー!』

『モグラの迷路』

モグラの迷路を抜けて、また森の中に入ります。このあたりは毎年夏にじゃぶじゃぶ池が行われているエリア。↑

毎年たくさんの親子連れでにぎわっているじゃぶじゃぶ池。滑り台があってとてもダイナミックに遊ぶことができます♪木漏れ日が差し込む、自然の中での水遊びは格別です!こちらは2019年の夏のじゃぶじゃぶ池の様子です。今年は感染拡大防止のため、残念ながら開催が中止されています。

手賀の丘公園の名物、『森の谷渡り』!橋の上を歩くと、ゆらゆらと揺れ、下を見下ろすと、かなり高さがあり、大人でも少し怖いくらいです(>_<)

一本橋の到着地点あたりで、ふと空を見上げると、こんな景色が!気持ちいい~手賀の丘公園は、木々が日陰を作ってくれるので、アスレチックでたくさんカラダを動かしても比較的過ごしやすいです!

この先にもいろんなアスレチックがあります!『イタチのトンネル』

『くもの巣ネット』

アスレチックのすぐ隣に、宿泊用のキャンプエリアがあります!緑に囲まれて、子どもたちはアスレチックを楽しみ、大人たちはチェアでゆっくりくつろぐのもいいですね~

『虹のかけ橋』

『ゆらゆら一本橋』

『カニ渡り』夢中になって、アスレチックをどんどん進んでいきます!

最後は『森のお城』。お城の上にある鐘を鳴らすのが大人気です♪

ゴール!とっても楽しかったようで、ゴールしてすぐに「もう一周したい!」と言っていたほどです♡

アスレチックでたくさん遊んだので、デイキャンプのサイトに戻って休憩タイム。アスレチックはデイキャンプを利用しなくても楽しむことができます。デイキャンプを利用すると、たくさん遊んで一息入れたい時に、サイトに戻ってゆっくり休むことができるので便利です!カラフルな綿あめで糖分をとってエネルギーチャージ!この後、ちびっこに大人気の恐竜の滑り台を目指します!

「恐竜さん、どこかな~?」と公園の奥にある滑り台に、たどり着くまでの時間もドキドキわくわく!

何か見つけた!

これは…恐竜の足跡???ドキドキ!ワクワク!
その先をどんどん進むと…ついに恐竜発見!!

とっーても大きくて、まるで本物の恐竜みたいですよね!

恐竜の背中をこんな感じで滑ることができます!空が近く感じられますね!とっても楽しいようで、子どもたちはエンドレスで滑っていました♪

手賀の丘公園内RECAMPしょうなん

住所 柏市片山275
電話 [公園について04-7167-1148] [公園内のキャンプ場等の有料施設について 090-1403-1306(RECAMPしょうなん)] 
https://www.city.kashiwa.lg.jp/facilities/park/teganooka.html

手賀の丘公園の自然の中で、大満足のデイキャンプとアスレチック!RECAMPしょうなんでは、手賀沼や地域の特色を活かした体験イベントもいろいろ行われているそうです!ぜひ今度は体験イベントやキャンプで宿泊をしてみたいと思います♪

3

4

5

Goal !

この記事を書いた人

某市役所職員兼小1年少姉妹のママ(R3.4.1現在)

プロフィール

社会人になるのと同時に柏市民へ。長女が生まれてから、子どもが生まれ育つ柏市のために働きたいと思い民間企業より転職して現在の職に。独身の時は裏カシと呼ばれる柏駅周辺エリアでの散策を楽しんでいましたが、子どもが生まれた今は市内に商業施設がたくさんあって、自然豊かな柏の魅力にはまっています。娘たちは元気いっぱいなので週末に家族で公園などへお出かけするのが大好き♪柏での生活を思いっきり楽しんでいます!

参考サイト

同行人