kashiwanohacampus
柏の葉キャンパス
mania
知ってる?
nature
自然

湧水探検(1)え?こんなまちなかに湧水が!?【こんぶくろ池湧水】

柏市では土地利用の変化や地下水の過剰な利用などで、湧き出し量が減ったり枯れてしまった場所や、谷津の田んぼの埋め立てなどで失われてしまった名も無い湧水がたくさんあります。地下を通って湧き出す湧水は、年間通じて水温変化が少なく、15 度前後で夏は冷たく、冬は暖かく感じます。この環境でしか生息できない生きものが、長い年月にわたり、命を繋いで生きています。人との湧水のかかわりも深く、伝説の巨人「でいだらぼっち」の足跡は湧水地として現在も伝わっています。イボが取れる、体調が改善する、などの効用が伝わる湧水もありました。もし、自分の住んでいる近くに湧水があるなら、それがどこからきて、どこに流れていくのか想像してみるのも楽しいですよ。そこにどんな生きものが生息しているのか、ぜひ探してみてください。

今回は、なかでもアクセスしやすい 4 つの湧水の中から【こんぶくろ池湧水】をご案内します!

〈ナビゲーター〉

川瀬 美幸 (文章中『M』)

〈同行人〉

イナバのシロウサギ (文章中『兎』)

からスタート
Morning Start
からスタート
Afternoon Start
夕方からスタート
Evening Start
からスタート
Night Start
からスタート
Night Start

柏の葉キャンパス駅から探検スタート!

Start
1
12:00

柏の葉キャンパス駅到着!

徒歩 21 分

距離 1.7km

2
12:30

こんぶくろ池・弁天池湧水(こんぶくろ池自然博物公園)

「清らかな手賀沼の源流の湧水」タイプⅠの湧水。


周辺のこんぶくろの森が涵養域。雨が降ると湧水量が増える。降水量に左右されやすい。常総粘土層の浅いところを流れる湧水。

住所 千葉県柏市中十余二 399-1
電話番号 04-7132-8800
開園時間 終日利用できます。
休園日 なし
※電話は平日市役所に転送。土日祝日の日中のみ管理人在園。

「湧水って?」

こんぶくろ池自然博物公園 HP によると、「こんぶくろ池自然博物公園」都市に残された広さ 18.5ha の貴重な自然の森です。園内にはその森林を育ててきた湧水「こんぶくろ池」「弁天池」があります。平坦地に地下水がしみ出すタイプの珍しい湧水で、周辺の森は湧水によって周辺環境より気温が低い為、冷温帯の植物なども生息しています。また湿地林に生息する珍しい昆虫類の確認されており、都市化が進む地域では稀有な自然環境が広がっています。

出典 こんぶくろ池自然博物公園 HP

兎:公園正面入口近くの東屋付近から、弁天池・こんぶくろ池へと続く道がスタートします。

兎:木々に囲まれた歩道は気温が低く感じられます(取材日は 8 月の暑い盛りでした)。
※キツネノカミソリ(ヒガンバナ科) 2020.8.10 撮影
※ズミ(バラ科) 2020.4.11 撮影
※ズミ(バラ科) 2020.4.11 撮影

M:森一帯の地下水位が高いために、夏でも木陰はまわりの気温にくらべ低く感じられます。ふつうなら冷温帯(北海道南西部~東北)に生息する植物(ズミ・サワシロギク・クロツバラ・クロウメモドキなど)もみられるんですよ~。

兎:取材日は夏の盛りで、しかも昼間でしたが、公園内は涼しく感じられました!湧水が集まる場所を踏み固めないように木道が敷かれています。森の間伐材などを伐り出してNPO の方々がの手作りとのことでした。

※ナミアゲハの交尾(上♀・下♂) 2020.8.10 撮影

M: 交尾中のナミアゲハを発見!!お取込み中ですがじっくり観察させてもらいましょ~♪森の周りの開けた場所ではアゲハチョウやシジミチョウの仲間もよく見かけますよ。

M: ノウサギは普段は姿を見ることはできないですが私は数回遭遇してます!運が良ければ出会えるかも?ノウサギフンは香ばしい匂いでまったく臭くありません。そしてとても軽いのです~

兎:ノウサギがこの辺りにいると聞いただけで、ワクワクします!

※サトキマダラヒカゲ 2020.8.10 撮影
※オオスズメバチ 2020.7.19 撮影

M: コナラの樹液酒場は虫たちに大人気です!この日はサトキマダラヒカゲやクロカナブンが来店。カブトムシやクワガタも常連客です。もちろんオオスズメバチも~

兎:うゎ!カマキリィ!久々に見ました!
M: まだ若いオオカマキリです。
翅が生えてないので飛ぶことができません。
頑張って成虫になってね!

兎:こんぶくろ池自然公園は、まさに都会の中のオアシスでした。この湧水のおかげで、貴重な植物やいきものもが生息しているとは!自然の恵みを感じました。
(取材日:2020 年 8 月)

こんぶくろ池・弁天池湧水がある「こんぶくろ池自然博物公園」では、
NPO 法人「こんぶくろ池自然の森」の方々が自然環境を守りながら魅力を伝える活動をされています。
一般の方も参加できる、きのこ観察会やワークショップなど様々なイベントが開催されています。
一度訪れてみてはいかがでしょうか?

今回まわる湧水の他に、柏市には湧水が10ヶ所あります。
※ご注意:残念ながら飲料には向きません。また、湧水地はほとんどが私有地もしくは神社やお寺の所有となっています。良識ある見学をお願いします。
3

4

5

探検(1)クリア!

Goal !

この記事を書いた人

株式会社トキワ

NPO 法人 かしわ環境ステーション
NPO 法人 こんぶくろ池自然の森
千葉県自然観察指導員協議会

川瀬
かわせ
美幸
みゆき
プロフィール

柏市 ( 松ヶ崎城址付近 ) 生まれ 母方は大津川流域 父方は大堀川流域の出身生まれてから現在まで手賀沼とのかかわりが深く、人生初めての釣りは大堀川下流で大きなコイをゲット。昭和 54 年、手賀沼が COD 年平均 28mg/L の頃に小学校の頃水質保全ポスターで入賞。田んぼのカエルやヘビと遊びながら成長し、水つながりで柏市内に水道工事店を経営。

地元の手賀沼や利根川を拠点に水循環をテーマに活動、現在に至る。

参考サイト

同行人

イナバのシロウサギ
文章中『兎』
kamonかしわインフォメーションセンタースタッフ
二重顎と三段腹を所有。最近五十肩も取得。バブル世代のちょっと下の世代。
10 歳の娘とアウトドアに挑戦してみたいと思っているが、一緒に「あつ森」にはまり中。