kashiwanohacampus
柏の葉
eatingaround
食べ飲み

柏で良い酔い♪ ちょっと1杯、もう1軒!(4)

こんにちは!
柏市光ヶ丘に在住の小野ちゃんです。

今日のまち旅は「柏の葉キャンパス」。

2005年つくばエクスプレスの開業と共に発展し、最近ではラグビーニュージーランド代表「オールブラックス」のキャンプ地に選ばれ脚光を浴びました。

そんな私も高校時代はラグビー部!(飛んでいるのが小野。スクール☆ウォーズ世代です)
からスタート
Morning Start
からスタート
Afternoon Start
夕方からスタート
Evening Start
からスタート
Night Start
からスタート
Night Start
Start
1
17:00

さっそく「柏の葉キャンパス駅」からスタート!

駅のホームを降り、改札通過後に左に曲がり西口へ。高架下沿いにまっすぐ行くと……。
見えてきました赤提灯。「柏の葉かけだし横丁」の入り口です。
色んなお店が入っていてわくわくしますね~。

前回に引き続き今回もナビゲーターをお招きしています。
柏の葉かけだし横丁事務局代表の「渡辺裕二さん」です。

横丁入り口でこんなポーズまで。サービス精神が旺盛で流石です(笑)。

渡辺さんは「KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)」を拠点にし、地域の社会課題をテーマに「高校生向け起業体験プログラム~高校生・夢マルシェ~」「柏の葉パンフェスタ」などの複数の主催プロジェクトを起ち上げるとともに、三井不動産が展開する街づくりの企画にも事業参加し「柏の葉かけだし横丁」が誕生するきっかけとなった「柏の葉賑わいづくりプロジェクト(仮説屋台)」や新交通アプリの「MaaS」の事務局を務めるなどしています。

本日ご紹介する「柏の葉かけだし横丁」では、三井不動産からの受託で事務局を務めており、20店舗の店主との経営相談や事務手続きなどの調整役を担当されています。

かけだし横丁は、2018年7月にランナーズステーションを備えた「ラン&カフェ バニーバロウ(Run&Cafe Bunny Burrow)」がプレオープン。

それ以降、「屋台」をモチーフとした小型飲食店舗が段階的に開店していき、現在は地元柏市の食材をつかった料理から多国籍な創作料理まで、多様なジャンルの飲食店20店舗が軒を連ねます。

 

柏の葉かけだし横丁

 

赤提灯が並ぶ光景は呑兵衛にはたまりませんなぁ(笑)

では、早速お店に。というのがいつもの流れですが……
渡辺さん:「まずは共有テラスを楽しみましょう」。

かけだし横丁は、店内での飲食も可能ですが、横丁内に設置されているベンチシートのテラス席で、自分のお気に入り店舗で購入したドリンクや食べ物を飲食することが出来るのです。

 ショッピングセンターのフードコートのようなイメージですね。

「どこの料理にしようかなぁ」と歩いていたら、元気な店長さんが「唐揚げおいしいよ!」と、声をかけてきました。店長さんのアゲアゲポーズ、いただきました(笑)。
2
17:20

元気な店長さんがいる【日本アゲアゲ亭】

店長おススメの料理は、【3種類の唐揚げを1度に楽しめるコンボセット(1,099円)】

【黒ラベル生(549円)】と一緒にいただきます。

からあげ美味しい!!ビールも美味しい!!テラス席の解放感もあってビールがすすみます。外で飲むビールってなんでこんなに美味しいのでしょうか……。
早々にビールを平らげ、2杯目は……。

【メガサイズ】も気になりますが、それ以上に【ジャワ原人ハイ】が気になります……(笑)。 からあげといえば【ハイボール(529円)】でしょ!!

1軒目からハイペースで呑んでいきます(笑)。

【こだわりすぎのポテトサラダ】や【博多もつ鍋】も気になるところですが、まだ巡らなきゃいけないお店があるのでこれぐらいで。
 店長さんがとにかく元気。「フィーリングが合うなぁ」と思っていたら、店長さんもラグビー部出身だとか♪ラガーマンに悪い人はいませんね(個人の感想です)。ごちそうさまでした♪

 

・黒ラベル生(549円)×2 1,098円
・からあげコンボセット 1,099円
・角ハイボール(529円)×2 1,058円
合計 (2人で)3,255円 でした!
※価格は税込みです。

 

日本アゲアゲ亭

Webサイト https://kakedashi.jp/shop/ageagetei/ 
住所 柏市若柴柏の葉キャンパス311街区
TEL  04-7193-8499

3
18:00

辛いものが食べたいときわぁ~【韓味家(ハンミガ)】

2軒目は「辛い物が食べたい」という小野からのお題に対し、渡辺さんがおススメしてくれたお店は「韓味家( ハンミガ )」。

韓国本場の味を活かしつつ、店主独特の味付けで、他では味わえない韓国料理を提供。
料理の味付けには、漢方や果物を使って、肉のくさみを取り柔らかくしたり、辛さだけでなく旨みが増す様に工夫がされているんだとか。
カウンターが7席とテーブル席(7名)があります。カウンターはおひとり様も大歓迎で、ママのジョンさんとの会話が楽しめるお店です。

のれんをくぐると、ジョンさんから「いらっしゃいませ~」と元気な声。カウンターが2席だけ空いてました。

ギリギリセーフ!!さっそくジョンさんに辛いメニューを聞いたら「スンドゥブチゲがいいよ」との回答。

【スンドゥブチゲ】の出来上がりに少し時間がかかるため、もう一つの人気メニュー【ポッサム】を注文。
ドリンクはせっかくなので、【韓国焼酎チャミスル】に【生キュウリ(1,500円)】をトッピング。

これがまた飲みやすい。
透明のショットグラスに入れて飲むのが一般的なのですが、キュウリの甘みも程よく、ぐいぐい呑めちゃいます。
2軒目もハイペースでアルコールを消費していきます(笑)。

そして【ポッサム(1,800円)】が到着。豚肉モリモリな感じが伝わるでしょうか。
ポッサムは茹でた豚肉を、キムチやニンニクなどと一緒に野菜に巻いて食べる料理。肉はしっとり柔らかくクセがなく、ボリューム満点です。
ポッサムが無くなるころ登場したのは、【スンドゥブチゲ(1,000円)】。

スンドゥブチゲは「純豆腐(朝鮮の豆腐の一種で日本のおぼろ豆腐に相当する柔かい豆腐)の鍋料理」という意味。
豆腐とあさりを唐辛子ベースの調味料で煮込み、特製のタレで味付けしています。

グツグツしているのが伝わるでしょうか。このスープが辛ウマなんです。

冬本番になったら横丁の共有テラスで、「スンドゥブチゲを寒い中いただきたい」と思うのでした。

名残惜しいですが、横丁のお店を紹介する使命が!
と自らに言い聞かせ、ジョンさん←(かわいい♡(*´з`))のお店「韓味家」を後にするのでした。

 

・韓国焼酎チャミスルに生キュウリ 1,500円
・ポッサム 1,800円
・スンドゥブチゲ 1,000円
合計 (2人で)4,300円でした!
※価格は税込みです。

 

韓味家(ハンミガ)

Webサイト https://kakedashi.jp/shop/hammiga/ 
住所 柏市若柴柏の葉キャンパス311街区
TEL  090-4245-3463

4
19:00

横丁の一番奥のお店【Run&Cafe Bunny Burro(バニー・バロウ)】

3軒目に選んだお店は「Run&Cafe Bunny Burrow( バニー・バロウ )
バニー・バロウは横丁の1番奥にあるお店。
店内は天井も高く開放感があります。

左から渡辺さん、小野、店長の武井さん。→なんだろ、この写真は(笑)。

ところで「柏の葉かけだし横丁」という名称は、

・近隣にある柏の葉公園などへのランニングの拠点として「ランナーズステーション(Run&cafe Bunny Burrow)」がある
・「柏の葉スマートシティ」の玄関口として訪れる人々に“街に繰り出して(駆け出して)”ほしいという思い
・横丁に出店している各店の将来への大きな成長に期待を込め、“ はじめの一歩 ”になってほしいという願いなどから名付けられたそうです。

さらに!
こちらのバニー・バロウでは、前回の「まち☆旅」に登場された藏持さんのデュオユニット「Passo a Passo」(リンク https://www.passoapasso-japan.com/)が店内でLIVE演奏したこともあるんです。

お店の外もたくさんの方が集まっていました。

そして!
11/6(土)にも同様のフリーLIVEを行うそうです。
密を避けるため、バニー・バロウの店内だけでなく横丁の別場所にサテライト会場を設け、バニー・バロウの演奏状況をプロジェクターで投影し、演奏を楽しみながらお酒や料理を楽しむことが出来るとのこと。

◆Passo a Passo × Bunny Burrow Special Live

 ○2021/11/06
 16:30 開場
 17:00 1stライブ
 19:00 2ndライブ
 ※入れ替え制となります

感染症対策を行いつつ、こういう取り組みは、今後も増えていくかもしれませんね。
11/6(土)お時間のある方は是非、柏の葉かけだし横丁へ。

そうそう~
飲食の紹介をしなくては(汗)。


私は【レモンサワー(550円)】を、渡辺さんは【ウイスキーレモネード(580円)】。→酔っていて写真を撮り忘れるという(汗)。

店長の武井さんのおススメは、名物料理の【BBバーガー(1,100円)】!!!
ガブリと喰らいついてみました!香ばしいバンズと肉汁パテ&ソースが絡み合って最高です♪お酒がすすみます(笑)。
2杯目はクラフトビール【九州CRAFT日向夏(910円)】→ピントが……(許して)。
柑橘の爽やかな酸味と香りが特徴のフルーツラガーですが、これ、めちゃめちゃ美味しいです♪


【Halfサイズ(600円)】もあるので是非試してみて欲しい。最後は3人でパシャリ。

ランナーズステーションなので、
・貴重品用ロッカー
・小物用ロッカー
・男女別の更衣室とシャワー
なども当然完備しています。
ひとっ走りして、シャワーを浴びて、お酒をグビっとやれたら最高ですね。

・レモンサワー(550円)
・ウイスキーレモネード(580円)
・BBバーガー(1,100円)
・クラフトビール「九州CRAFT日向夏」(910円)
合計 3,140円

Run&Cafe Bunny Burrow

Webサイト https://kakedashi.jp/shop/bunny-burrow/ 
住所 柏市若柴柏の葉キャンパス311街区
TEL  04-7126-0003

唐揚げ、ポッサム、BBバーガーとボリュームのある食べ物で、かなりお腹も膨れました。
「渡辺さん、今日はありがと……、え?!もう1軒???」

5
20:00

おまけぇ~☆

かけだし横丁の人気ラーメン店「ラーメン二九六(フクロウ)」でボリュームたっぷりのラーメンを!

食券を買ってお店の前で並ぶスタイルですが、結構な人が並んでいます。
トッピングも豊富♪

【ラーメン小(750円)】と【味付うずら5個(100円)】を注文。
共有テラスで食べてもいいし、店内で食べてもOKなので、並んでいる割にはお客さんの回転は早いです。
麺が茹で上がったころに「ニンニク入れますか?」と聞かれるので、渡辺さんと同じく「少し」と回答。そして着丼!!!

小でもこのサイズ!!すごいボリュームです。
まずチャーシューに圧倒されますが、味もしみていて柔らかく、さらに自家製の平打ち太麺がスープに絡みます。
麺が自家製ってのスゴイですね。店長は、寝る間を惜しんで麺打ちされていると仰ってました(それは大変!)。途中で、うずらとネギを投入し、完食。遠方から、この味を求めて来店される方もいるとか。大満足の一杯でした。

・ラーメン小(750円)
・味付うずら5個(100円)
合計 850円

ラーメン二九六(フクロウ)

Webサイト https://kakedashi.jp/shop/ramen296/ 
住所 柏市若柴柏の葉キャンパス311街区

いや~。柏の葉は最高でした♪

お腹パンパンで大満足。体重計に乗るのが怖いですが(笑)。
柏の葉はスマートシティと呼ばれていることもあり、「我々オッサンには近寄りがたいオシャレな場所」
というイメージがありましたが、この横丁というネーミングや赤提灯の雰囲気があることで、勝手に親近感を感じました。

また、各店にはそれぞれ名物の店長が居て、カウンター越しに話しができたり、会話の中からお客さん同士の輪が広がったりと、いわゆるサードプレイスの役割を果たし、コミュニティが形成されるきっかけにもなっているんだと思います。

その日の気分でお店を選ぶもよし、お気に入りの1店を決めて長く通うのもあり。あなたのお気に入りがきっとある。そんな「かけだし横丁」でした。

渡辺さん、かけだし横丁のみなさんありがとうございました。

今後も柏市内でお酒が飲めるお店を紹介していきます。
「うちの街に来て!」というお誘いも大歓迎です。

ぜひご連絡ください。
メールアドレスinfo@kamon.center「小野ちゃんに来てほしい係」まで
それでは、またお会いしましょう!

Goal !

この記事を書いた人

小野ちゃん
プロフィール

光ヶ丘在住。音楽と酒をこよなく愛する48歳。

The Beatlesでギター、ベース、ピアノ、ドラムの楽器奏法を学び、作曲や演奏するかたわら、柏駅周辺でこれまで数多くの音楽イベントを企画/運営する。

学校部活動の縮小に伴い東葛地区の学生でつくる「東葛学生吹奏楽団:LEGALIS」を2021年9月に立ち上げた。

 

「旨い酒を飲むために生きている」と公言しており音楽イベントを行う理由は「打ち上げ」がしたいから。

ビールは最初の1杯だけで、その後は焼酎のお湯割りがメイン。肉より魚派。

同行人