柏で良い酔い♪ ちょっと1杯、もう1軒!(3)

こんにちは
柏市光ヶ丘に在住の小野ちゃんです。
第3回となる今回は私の地元である「光ヶ丘」をめぐります。
東京都練馬区の「光が丘」と間違われることもありますが、あちらは「が丘」。
柏は「ヶ丘」なのでご注意を☆

からスタート
Morning Start
からスタート
Afternoon Start
夕方からスタート
Evening Start
からスタート
Night Start
からスタート
Night Start

南柏駅

Start
1
16:40

さっそく最寄り駅の「南柏駅」からスタート!

光ヶ丘への行き方

南柏駅東口
をエスカレーターで降り
すぐのバス停からから乗車
7つ目の停留所「聖光ヶ丘病院」(麗澤大学前停留所の2つ先)で下車

16:40 南柏駅

16:43 バス「南柏駅東口」出発

16:49 バス停「聖光ヶ丘病院」到着

16:50 串郎へ

停留所から向かいを見ると、少し後ろに黄色い看板が見えてきます。
お店が並んでいます。今日はこの1カットの範囲で、飲み歩きしちゃいます。
2
16:50

まずは光ヶ丘の人気店、串郎へ。

【瓶ビール(490円)】を注文。男は黙って黒ラベルです。
と、ちょうど良いタイミングで藏持さんが登場。
藏持さんはトランペットとサックスのデュオ「Passo a Passo」で活躍されているプロのアーティスト。
11/27には柏市民文化会館の大ホールでコンサートを控えています。

1歳の時に、光ヶ丘商店会の新年ポスターにも登場していたとか!

生粋の光ヶ丘っ子なのです。着席2秒で乾杯です笑。

串郎はリーズナブルなのが”売り”【サラダは(190円)】で、ドレッシングはなんと自家製。
300円で販売もしています。
【冷奴(190円)】には、こちらも自家製の「ねり醤油」。
たれないのでかけすぎにならず、塩分が気になる私でも安心です。汗

串郎のもう一つの売りは……

ドドン!!!焼酎がなんと飲み放題。割りものを頼んでテーブルやカウンターにある”カメ”から好きな量を入れます。
藏持さんのお気に入りは【白ホッピー(490円)】。“中”は入れ放題なので”外(ホッピー)”だけを頼めばOK。
1番人気は【鶏の唐揚げ(390円)】。秘伝のタレでお肉がめちゃめちゃ柔らいんだけど……。
はい!もちろんこのタレも販売しています!→テレビ通販みたいになってきたな笑

実は、今年の2月で10周年だったとか。
コロナ禍では周年イベントも行えず、お店の営業だけでは厳しく、
商品開発するなど工夫を凝らしています。

さらに、飲食店も苦しければ、日本酒醸造元も大変な状況です。
日の丸醸造という酒蔵が、飲食店の応援をしており、「串郎は、業界全体を見渡している素晴らしいお店」と、秋田県内限定流通銘柄の「日の丸」を送ってきたそうです。

【日の丸1杯(490円)】いただいちゃいました。
最後に串モノを頼まないとね。
奥から【温玉つくね(210円)・ねぎま(110円)・かしら(110円)温玉つくね】は、つくねを温玉に直接つけて食します。
うまし!!!

・瓶ビール(490円)
・サラダ(190円)
・冷奴(190円)
・白ホッピー(490円×4)
・鶏の唐揚げ(390円)
・日本酒「日の丸」(490円)
・温玉つくね(210円)
・ねぎま(110円)
・かしら(110円)

2人で4140円(安っ!)

串郎 光ヶ丘店
Webサイト https://kushirou.com/index.html 
住所 柏市光ヶ丘2-14-14
TEL 04-7100-1453

3
18:00

2軒目は串郎から2軒隣の天ぷら屋さん「天藤」へ。

ランチはボリュームがあって安い!
と有名なお店ですが、
お酒を飲みながらもバッチリなお店です。
今年の9月で開業22年とのこと。

藏持さん行きつけのお店で、家族でも来店されるとか。

内緒ですが、
以前、藏持家が父、母、姉、藏持さんの4人で天藤に来店した際、
生ビールの樽を飲み干してしまったことがあったとか。
藏持家は光ヶ丘でも有名な酒飲み一家だそうです笑。

さて、
天ざる(1000円×2)をそれぞれ頼みつつ、
天ぷらが揚がるまでの間、何を飲み何を食べようか検討。。。

天ぷら屋のドリンクメニューに【カシスオレンジ(380円)】があるのがスゴイ!ジンロや黒霧島のボトルもあります。
いつもはボトルを頼んじゃうところですが笑、今日は2人とも【レモンサワー(380円)】を選択。
お酒の”あて”は【板わさ(300円)】
【出し巻き玉子(400円)】
【ハムエッグ(400円)】

有名漫画の「ぶた肉ととん汁でぶたがダブってしまった」という名言ではありませんが、「出し巻き玉子とハムエッグで玉子がダブってしまいました」笑。
でも、好きなものを食べるのが一番!

ここで、ハムエッグのトロトロ感をお伝えします。箸:藏持さん

美味しそうでしょ?ミルフィーユのように重なったハムにも ”そそられ” ますよね♪

ノッてきた二人が次に頼んだものは……

【若鶏の一口唐揚げ(500円)】
「鶏は三歩歩けば忘れる」串郎で「鶏の唐揚げ」を頼んだことをすっかり忘れていたようです笑。


【黒霧島水割り(400円)】を追加し、ようやくメインディッシュの【天ざる(1000円)】が到着です。

蕎麦の ”のど越し” と天ぷらの ”サクサク” がたまりません。
名残惜しいですがこれで清算。

・レモンサワー 380円×2
・黒霧島水割り 400円×2
・お通し 100円×2
・板わさ 300円
・出し巻き玉子 400円
・ハムエッグ 400円
・若鶏の一口唐揚げ 500円
・天ざる 1000円×2

2人で5360円でした。満腹〜♪

天藤(てんふじ)
住所 柏市光ケ丘2-14-14
TEL 04-7171-3751

4
19:00

本日、最後のお店は天藤のお隣で2017年7月にオープンした「Bar BEG」

『BEG』はゲール語で小さいの意味。

店内は長いカウンターが6席とテーブル席の2席。
4周年を迎えたものの、この頃はコロナで閉店しており、51歳のマスターは寂しそう。来年の5周年は盛大にお祝いしたいものです。
すぐに出てくるFood Menuや、寒い時期にはホットカクテルなんかも提供しています。
まずは【白州(770円)】をソーダ割りで注文。
ソーダで白州の香りが立ち昇ってきます。たまりません♪
チャージとして出てきた一品(330円)はマッシュポテトのパンキッシュ。
ちょっとオシャレじゃないですか~。ホクホクで美味しい♪
こんなオシャレなメニューがたま~に出てきます。実はこのお店!!
月~土曜の11:30~15:00は
”みんなのお腹を元気にすること”をコンセプトに
「発酵Cafe」として営業しているんです。

https://hacco-cafe.com/

糀や草木の酵母などから作ったオリジナルの発酵調味料をたっぷりと使った料理が食べられるんです。
ブーケのようなサンドイッチなんかもあって、見ているだけでも楽しくなってきます。
ananの2021年 7月28日号 No.2259[腸活・最前線!]に掲載されたことも。
昼と夜で様変わりするちょっと変わったお店が光ヶ丘にはあるのです(エッヘン)。
さて、2杯目は【シードル:マエロック(770円)】

マエロックは6世紀にイギリスからスペイン・ガリシア州にやって来た司教がその地にシードル文化・伝統を伝えたと言われており、5種類のスペイン・ガリシア州産100%のリンゴをブレンドしたシードル。ラベルからは想像できませんが、歴史のあるシードルなのです。ぐびぐび飲んでしまいました笑。

たくさんのお酒が目の前に並んでいて、何を飲もうか迷ってしまいます。
マスターにすすめてもらったのは、【タリスカー(660円)】

「スモーキーで、夏の夕方にグビグビといきたいお酒」とマスターは言います。
25歳ぐらいの時、先輩にバーに連れていってもらいスコッチを知り、
お酒が好きで趣味を仕事にしちゃいましたが、お酒は弱いとか。
BEGのお客さんも、お酒が好きな人、お酒に興味のある人など色々。
少しずつですが、光ヶ丘でお酒のコミュニティを作っています。
店内のBGMはジャズとかボサノヴァが多いですが、
お客さんによってハードロックや80年代~90年代の曲もかけちゃいます。
私とマスターは世代が一緒なので、BOØWYやバービーボーイズなんかを聞きながら、
当時の話に花を咲かせます。

締めの1杯はロックで。シェリーブランデー‬の「グラン デューク ダルバ(770円)」。

芳醇な香りでノックアウト笑
今日もまぁまぁ飲んでしまいました。

・チャージ(330円)
・白州(770円)
・シードル:マエロック(770円)
・タリスカー(660円)
・グラン デューク ダルバ(770円)

合計 3300円

バーでそこそこ飲んで、この金額ってのはなかなか無いですね。
気軽にバーを楽しめるお店ですので、お近くの方は是非。

Bar BEG
Facebookページ https://www.facebook.com/BarBEG2017/
住所 柏市光ケ丘2-14−14
TEL 04-7113-4626

 柏市の南西部にある光ヶ丘は個性的で魅力的なお店が数多く存在し、新型コロナウイルスが猛威を振るう前は、質の高いイベントが定期的に開催され賑わいを見せていました。
  コロナ禍で大変な時ではありますが、地元の方々をつなぐコミュニティ形成の場でもある飲食店を今後も応援していきたいと思います。

~最後に藏持さんより~
「光ヶ丘で産まれ( 実際には柏駅東口の巻石堂病院だけど )30年生きてきました。この街でたくさんの出会いがあり、たくさんの体験もしてきました。光ヶ丘は緑が多くてとても住みやすく、さらに活気がある街です。皆さんも是非、光ヶ丘に遊びに来てください。そして光ヶ丘の飲食店でお会いしましょう笑」

 藏持さん今日はありがとうございました。
光ヶ丘のお店で私や藏持さんを見かけることがあったら「チューハイ」でもごちそうしてください笑それでは、またお会いしましょう!

今後も柏市内でお酒が飲めるお店を紹介していきます。
「うちの街に来て!」というお誘いも大歓迎です。

ぜひご連絡ください。メールアドレスinfo@kamon.center「小野ちゃんに来てほしい係」まで
それでは、またお会いしましょう!

5

Goal !

この記事を書いた人

小野ちゃん
プロフィール

光ヶ丘在住。音楽と酒をこよなく愛する48歳。

The Beatlesでギター、ベース、ピアノ、ドラムの楽器奏法を学び、作曲や演奏するかたわら、柏駅周辺でこれまで数多くの音楽イベントを企画/運営する。

学校部活動の縮小に伴い東葛地区の学生でつくる「東葛学生吹奏楽団:LEGALIS」を2021年9月に立ち上げた。

 

「旨い酒を飲むために生きている」と公言しており音楽イベントを行う理由は「打ち上げ」がしたいから。

ビールは最初の1杯だけで、その後は焼酎のお湯割りがメイン。肉より魚派。

同行人