沼南エリア

「「都会であり郷愁をさそう不思議な場所 自分時間を楽しんでみませんか?」

実は秋田県出身の私。そんな私が初めて沼南に来た時に思い起こしたのが故郷の光景でした。一面に広がる田畑や里山、そこに吹く風。そんな雰囲気がなんとなく故郷のなつかしさを感じさせてくれ、一気に大好きな場所になりました。柏という都会なのに郷愁をさそう田舎の雰囲気というか…いい意味でそのアンバランスさを楽しめる不思議なエリアだと思います。

沼南というとまず思い浮かぶのは手賀沼ですよね。湖沼を取り囲むように遊歩道やサイクリングロードが整備されており、レンタサイクルや釣り堀、温泉やキャンプ場、道の駅などの施設で一日楽しめるのが魅力です。また年間を通して色々な収穫体験も楽しめます。カフェや飲食店も多く、お店自慢の心ときめくメニューが勢ぞろいしています。ぜひ何度も味わってみてください♪

また、地域の方の人柄も魅力の1つです。よそ者の私にも皆さんとても親切にして下さり、その懐の深さに助けてもらってばかりです。仕事柄農家さんとお会いする機会が多いのですが、その手掛ける農産物にもそのお人柄を感じたりするんです。優しさやほっこりした感じ、商品へのプライドやこだわりといったもの。そんな人間くささや人とのつながりといったものを改めて思い出させてくれる、そんな魅力があります。

沼南は忙しい日常の中でふと立ち止まれる、そんな時間をくれる地域です。ちょっと疲れてしまったとき、家族で思い出を作りたいとき、思いきり体を動かしたいとき、そんないろんな瞬間を形にできる場所です。沼南で自分時間を作ってみてはいかがですか。

道の駅しょうなん 木村美穂

この記事を書いた人

道の駅しょうなん

手賀沼アグリビジネスパーク事業推進協議会

木村
キムラ
美穂
ミホ
プロフィール

秋田県出身。実家が農家で都会に憧れ上京したが、卒論テーマが地元のお坊さんが書いた農書だったり、農家さんでバイトしてみたりと結局農業から離れられず今にいたる。柏市主催の市民大学をきっかけに柏の農業や食について興味を持つ。現在は道の駅しょうなんで手賀沼周辺の地域活性化事業に取り組む。農家さんや地元の方々ともっと仲良くなることが夢。趣味は寺社仏閣、道の駅めぐり。